出産内祝いの贈り方

出産内祝いをどのように贈るかご存知ですか?知っているようで意外と知らなかったりしますよね。まず、出産祝いを贈る時期ですが、お宮参りの頃(生後1ヶ月頃)が良いと言われています。絶対にこの時期ではならないという決まりがあるわけではありませんが、生後1ヶ月頃が正式な時期になります。

子供が生まれて1ヶ月経つ頃までにお祝いをくださった方に内祝いを贈り、遅れてお祝いをくれた方にはその都度出産内祝いを返していくというケースがほとんどです。出産内祝いの準備を妊娠中からしておけば比較的スムーズに子供が生後1ヶ月程になった時に内祝いを贈ることが出来るのですが、妊娠中に用意出来なかった場合、育児でバタバタしている生後1ヶ月の時期に内祝いを贈るのは大変な作業です。

そのような場合は少し出産内祝いを遅らせてもかまいません。昔からお祝いごとは先延ばしにしても問題ないとされていますので、用意出来なかった場合は少し落ち着いてから内祝いを贈るようにしても良いでしょう。その場合出来れば手紙や電話で伝えておくようにすると良いです。

また、出産祝いを頂いたら3日以内には電話でお礼をいうのがマナーです。1番良いのはお礼状を出すことなのですが、出産準備などで忙しい時期でもあると思いますので、お礼状を書く時間がないという場合はお礼の電話やメールを入れるようにしてください。

ページのトップへ戻る