出産内祝いの準備をしておこう

出産内祝いは出産のお祝いのを頂いたお返しですので、出産してから準備すれば良いと思っている方も多いかもしれませんが、出産祝いは妊娠中から準備しておくことをおすすめします。

出産すると赤ちゃんのお世話だけでも忙しいですし、母体の体調もすぐには回復しません。そんな中で内祝いの準備をするというのはとても大変ですので、出来れば妊娠中に内祝いの準備を進めておくようにしましょう。妊娠中に内祝いのカタログをチェックしたり、お祝いを頂いた方の名前や住所などを整理しておくことをおすすめします。その際に頂いた品物は何だったかもノートなどに記入し、内祝いの品物をある程度決めておくと出産後に内祝いを贈る作業がとてもスムーズになります。

出産の内祝いに限らずお祝いを頂くと3日以内にはお礼の挨拶をするのがマナーであると言われています。お礼を伝えることで贈り主もきちんとお祝いの品が手元に届いたことが分かります。お礼をきちんと伝えたら1ヶ月以内には内祝いを贈るようにしましょう。出産時に母体に負担がかかり、退院が遅れてしまうことなどもありますので、そのような場合は産後2ヶ月以内に贈るようにすると良いと思います。

妊娠中に準備をしていないと、バタバタして誰からどんなお祝いを頂いたか分からなくなってしまったり、出産内祝いを贈ってしまうのがギリギリになってしまったりして困ってしまうことになりかねませんので、産後のことを考えて妊婦の時から段取りしておくようにしましょう。

里帰り出産をする方は里帰りしている間に自宅にお祝いの品物が届くこともありますので、 そのような場合もいつ、どなたからお祝いが届いたのかしっかり把握しておくようにして、内祝いは産後1ヶ月以内を目安にきちんと贈るようにしてください。

ページのトップへ戻る