出産内祝いとは

内祝いというのは本来、親戚やご近所や仲の良い友人など親しい人の間で行うお祝いという意味です。内祝いにも出産内祝い、結婚内祝い、入学内祝い、就職内祝い、成人内祝いなどさまざまな内祝いがあります。どれもおめでたいことがあってお祝いを頂いたお返しとして贈るものであるということは共通しています。

内祝いの中でも特に良く行われるお祝いである出産内祝い。現在は出産のお祝いをくださった方にお返しするという意味が強くなっていますが、この出産祝いも昔は赤ちゃんの誕生を一緒にお祝いしてくださいという気持ちをこめて親しい人に赤飯や紅白餅などを配るというのが一般的でした。つまり、本来の意味は「お返し」ではないということです。

「内祝い」という字を見ていただくと分かる通り「内(我が家)のお祝い」という意味で、内でおめでたいことがあったからその喜びをお祝いの品に変えて親しい皆様にお分けして喜びを一緒に祝ってもらうというのが本来の意味になります。出産祝いの場合は、そのお祝いの品に生まれた子供のお披露目という意味で子供の名前をのしに書いたりして贈っていたと言われています。

ですから、もとはおめでたいことがあるとお祝いを頂くのではなく、こちらがお祝いを先に配るというのが一般的だったのですが、時代が流れて変化するとともにおめでたいことがあるとお祝いを頂き、頂いたお祝いに対するお返しをするということが一般的になりました。

そのため、昔のやり方でお祝いをされると戸惑う人が多くなりましたが、今でも内祝いは昔ながらの本来の姿で残っている場面もあるのです。それが披露宴で頂く引き出物です。これはお祝いを頂いたことに対するお返しではなく、結婚を一緒にお祝いしてくださいという昔ながらの内祝いの一種であると言えるでしょう。

ページのトップへ戻る