内祝いギフトの決め方

内祝いのお返しの品にも様々な物がありますので、どのようなものを選べば良いのか難しいですよね。金額などの問題もありますので、いざ商品を決めようとすると様々な悩みが出てくると思います。ですから、ここでは内祝いギフト選びのポイントを紹介していきたいと思います。

正しく商品を選ぶためにまず知っておきたいのが金額ですが、金額は頂いたお祝いの半額〜3分の1が相場です。特に多いのは半返しになりますが、目上の方から高額を頂いた場合などは3分の1ほどの金額でお返しすることが多いとされています。また、親族も3分の1の金額でお返しすることが多いようです。贈り先によって金額を変えるというのも上手な内祝いギフトの1つだと言えるでしょう。

では次に1番大切な内祝いギフトですが、まず知っておきたいのがどの年代の方にも喜んでもらえる定番のギフトですよね。中でも人気とされているのはタオルなどの日用品、石鹸や洗剤などの消耗品、スイーツやコーヒーなどの食品類です。これらのギフトは年代や好み問わず喜んでいただけることが多い定番ギフトであると言えるでしょう。また、最近は先方に好きな商品を選んでもらうカタログギフトなども人気ですので、おさえておくと良いでしょう。

中には人とは少し違うギフトを贈りたいという方もいらっしゃると思います。それも良いことですが、実用性のない物を贈っても先方は困るだけですので、少し違うギフトを選ぶ場合でも実用性があるかどうかはしっかりと考えるようにしましょう。

昔は仏事につかわれることが多い緑茶、縁を切るという意味で刃物などは内祝いではタブーとされていましたが、最近はこれらのタブーはなくなり、刃物などは未来を切り開くことの出来る実用品という意味で逆に人気が高い内祝いの1つになっています。贈り先へ感謝の気持ちを伝えようとする心遣いが何より大切ですので、タブーはそれほど気にしなくても良いでしょう。

ページのトップへ戻る